« おせち料理の食材その1 | トップページ | おせち料理の食材その3 »

2007年12月28日 (金)

おせち料理の食材その2

Pc250087

愛知産の”ちしゃとう”とむぎといわれる野菜、あまり見かけないと思うが、市場でも暮れになると入荷してくる、茎の部分を使うのだが、とにかく皮が硬い、家庭の包丁では皮が剥けないかもしれない、茎の中の部分をさっと湯がき京都の白味噌に漬け込む、さくさくの食感の西京漬けになる。

Pc250086

子供の頭ほどある”天かぶ”こちらも伝統的な京野菜、この大きさを利用しないと意味が無い、私はこれをかつらに剥いて甘酢に漬けてから色々と使っている

Pc290089

金時芋、おなじみ”きんとん”の材料、出来た物も売っているが、自分で作ったものははるかに美味しい、なにより安心だ、作り方は簡単だからぜひチャレンジして頂きたい、”金団”の文字が財宝につながる縁起物。

|

« おせち料理の食材その1 | トップページ | おせち料理の食材その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おせち料理の食材その1 | トップページ | おせち料理の食材その3 »