« おせち料理の食材その3 | トップページ | おせち料理の食材その5 »

2007年12月30日 (日)

おせち料理その4

Pc300104

なんといっても出汁はいのち、昆布の良し悪しで決まる、日高産、ここの昆布は出汁はもちろん昆布巻きにしても美味しい

Pc300105

かつを節も重要だ、私は荒節を使っている、伊勢の工場から直送してもらっている、かつを節は鮮度も大切だ、

Pc300106

数の子も欠かせない食材、私は源卵という漂白していない物を使っている、スーパーで売られている様なきれいな黄色ではない、やや茶色みがかっている、しかし出汁に漬けるから問題なし、なにより漂白していないから香り味ともに強い、旨味も充分に残っているわけだ。

Pc310118

おなじみの昆布巻き、意外と昆布を縦に巻いてしまう人が多いらしい、水で戻したら長さを決めて横に巻く、この方がきれいに巻ける。Pc310111

五万米ともいわれ五穀豊穣を願う縁起物、おせちにはつき物

Pc310114_2

北海道産のわかさぎを芳ばしく焼いて、山椒の実と一緒に甘辛に炊いたもの

Pc310117

鰆を西京漬けにして焼き上げた、いわゆる西京焼、自家製は本当に美味しい

Pc290094

焼き魚にはやはり、はじかみ生姜が付き物、きれいに剥いてさっと湯に通して甘酢に漬ける。

|

« おせち料理の食材その3 | トップページ | おせち料理の食材その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おせち料理の食材その3 | トップページ | おせち料理の食材その5 »